最新のペニス増大サプリには全てアルギニンが含まれている理由

最新のペニス増大サプリで期待できる効果とは?

ペニス増大サプリが日本だけでなく、世界各国に普及してから約20年が経過します。当初は加齢によって衰えた男性機能だけを向上させるために特化した効能がありましたが、昨今では男性機能だけでなく中高年の男性の多くが悩まれている悩みにもアプローチするペニス増大サプリが多くなりました。

最新のペニス増大サプリで期待できる効果とは、男性機能アップのほかに、疲労回復・持久力の向上・薄毛対策です。これらはすべて男性ホルモンの分泌量によって左右されるものであり、サプリの有効成分にアルギニンを加えることで男性ホルモンの分泌を促すことが可能です。

特に男性機能と持久力の向上は同一視することができ、最新にペニス増大サプリではアルギニンが必須有効成分となっているほどです。ペニス増大サプリという名前ではあるものの、中高年に男性にとって男性機能以外の身体的悩みを解決させるのに有効な万能サプリともいえる商品です。

アルギニンの詳細な成分は何?食べ物にも含まれているの?

最新のペニス増大サプリに必ずと言っていいほど含まれている「アルギニン」とは、一体どのような成分なのか見ていきましょう。

アルギニンとは天然に存在するアミノ酸の一種で、クエン酸とケトグルタル酸が結びついて生成されます。このアルギニンは男性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあり、20歳から35歳までの成人男性であれば体内で自然と生成されているものです。ところが年齢を重ねるごとに体内にあるケトグルタル酸が減少することで、アルギニンを十分な量で生成することができなくなり、必然的に男性ホルモン量も減っていくという訳です。

アルギニンは牡蠣に含まれている成分なので、食べることで補うことが可能です。しかし、牡蠣1個あたりにつき約0.05mgのアルギニンしか摂取できないため、成人男性1人の1日摂取量にあたる25mgを補うのは、膨大な数で食する必要があります。最新のペニス増大サプリだとアルギニンが約15~25mg含まれているので、効率的に摂取することが可能です。

まとめ

以上、最新のペニス増大サプリで期待できる効果と、全ての商品に含まれているアルギニンについてでした。男性機能が低下するということは、必然的に加齢による身体の衰えが始まっているということの証明になります。男性の体力や機能を司っている男性ホルモンは、そのホルモン分泌量をアルギニンというアミノ酸で調整しています。アルギニンを補うことで男性ホルモンの分泌量を向上させることができ、そのサポートをしてくれるのがペニス増大サプリです。