震災復興のカギはニッケル水素電池!?

ニッケル水素電池は、従来のカドミウムを利用した電池よりも電池が長持ちしますし、
廃棄するときには人体に害を与えることもないので、非常に扱いやすい電池です。
充電池という枠組みで言うならばリチウムイオン電池のほうが優れている部分がありますが、
いかんせん価格が高く手軽に購入することができないのです。
震災復興をする上では、電力不足になっている地域でいかに、
電力を供給できるかが需要なのですが、風力や太陽光などのクリーンな方法を使って
現地で発電出来れば問題は解決しやすくなります。
その際に、安くて長持ちするニッケル水素電池を充電池として使用すれば、
コストも低く抑えることが出来て、震災復興の動力源として役立てることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です